スタッフ紹介

  • 第4工事部(プラント事業部)部長 木村 隆

    第4工事部(プラント事業部)担当
    木村 隆

    【木村隆 自己紹介】

    初めまして。木村隆と申します。
    職種は鍛治工をブランクはありますがトータル20年やっており、プラントや建設現場で経験を積みました。元々は配管の仕事をメインでやっていましたが、配管工から鍛治工へとシフトしていき現在に至ります。主に溶接が得意分野で、溶接はアーク・Tig・半自動・ガスを、切断もガス(アセチレン・プロパン)・プラズマを使えます。アイランド建工に入ってからは解体の仕事もさせて頂き、車両系建設機械(解体)の資格まで取らせて頂きました!前職では接客業や営業職も経験しており、お客様第一主義の精神もお陰様で持ち合わせておりますので現場ではお客様の要望に応える事が大前提!クレーム0で全力の仕事をさせて頂きます!この部分は誰にも負けない自信があります!この精神を社員や協力会社の仲間にも浸透させていくのが現在の課題です!現場で見かけた時は気兼ねなくお声をかけて下さると嬉しく思います!今後も宜しくお願い致します!

    【第4工事部(プラント事業部)PR】

    第4工事部(プラント事業部)では、主に製鉄所などの大型プラント等で主要設備の保全や新規建設案件等の工事をやっております。保全につきましては、各設備へ繋がっている配管の補修、足場架設、ベルトコンベア等の骨の補修やベアリング及びローラーの交換、給油脂、鉄塔等の骨の補修、各種付属する鋼材の塗装です。また、新規建設案件では防熱版の製作取付、新規設備の据付け及び付随する配管製作取付、ケーブルラック等の設計、製作、取付などです。他にも細かい作業等ありますが、主に上記のような工事をメインにしております。溶接等が主な仕事ですが、給油脂や塗装、足場架設などの細かい作業も多く、みんなが技術者を目指しながら現場で日々練習や経験を重ねております!図面1つで製作・取付まで出来るようになるまでには数年かかると思いますが、誰にでも出来る仕事ではなく誇りを持って仕事が出来ると思います。それだけに、やり甲斐もあり資格を取っていくうちに技術も身に付くと思います!多種多様な職種がありますが、鍛治工と呼ばれる誇りを胸にみんなが一丸となってひとつの現場を作るチームワークは個々のレベルアップにはもってこいだと思います。


  • 第3工事部(内装、設備解体事業部)部長 小幡 哲也

    第3工事部(内装、設備解体事業部)担当
    小幡 哲也

    【小幡哲也 自己紹介】

    はじめまして!小幡哲也と申します。
    新潟県産まれ 埼玉県育ちです。アイランド建工では、第3工事部を担当しております。
    前職は巨大機械設備の組立エンジニアの仕事をしていました。
    現在はやっていませんが、フットサルを社会人になってから続けていたので体を動かすことは好きです。練習や試合の後にメンバーとスーパー銭湯で汗を流して、その後に食事や飲みに行くのが楽しみでした。アイランド建工に入社してから、解体に関わる様々な資格を取得させて頂きました。『仕事は美しくスマートに』を私の中でモットーに掲げ、日々の業務を安全かつ迅速に行っています。一緒に作業する皆さんと、楽しく厳しくメリハリを持って有意義な時間を共に過ごしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    【第3工事部 (内装解体)PR】

    第3工事部では、大規模小規模ビル・集合住宅の解体(改装工事)に伴う内装解体業務、設備解体業務を主に行っています。さらに様々な多種現場経験者の経験ノウハウを生かして、様々な細かい作業を行うことも少なくありません。主な業務作業と並行して、お客様の様々な要望に応えていけるのが強みであると自負しております。やる気と情熱と思いやりを持って全作業員が業務に携わっております。さらに業務経験を積み上げ、より安定した仕事の受注に貢献してまいります。


  • 総務課 課長 浅井 淳

    総務担当
    浅井 淳

    【浅井淳 自己紹介、総務課PR】

    アイランド建工浅井淳と申します。前職は印刷関係の仕事に就いておりましたが、車の整備士も経験しており、もともと機械いじりが好きでした。現場での作業はそれに通じるものがあります。現在は総務課で現場の人員配置や管理、各種登録手続き、資格取得に関しての手配等を主な業務としています。会社の仲間(先輩)とは大分年齢も離れておりますが、まだまだ現場にでる機会もあります。内勤、現場どちらも全力でやっていこうと思っています。

ページ上部へ戻る